FC2ブログ

久慈川の鮎の友釣り場を僕なりにレポート!!HOW 鮎!! ~鮎釣り界の牛若丸と呼んでくれ編~

HOW 鮎!! ~鮎釣り界の牛若丸と呼んでくれ編~ ホーム » 鮎釣り » 久慈川の鮎の友釣り場を僕なりにレポート!!

久慈川の鮎の友釣り場を僕なりにレポート!!

            【久慈川鮎釣り場所案内】

      *まだ完成ではないです。随時更新していきますヽ(・∀・)ノ


■僕がいままで久慈川で鮎釣りをした場所を、下流から上流へとコメントを入れレポします。
 入川の仕方や駐車場の有無、石組みなどを加味してオススメ度合いを10点満点で評価しますwww
 (*10点超オススメ→1点あんまりオススメではない)



久慈川全体図
DSC001772.jpg
まずは全体図。友釣りがメインとなっているのは、茨城県山方町から上流ですね。大子町、福島県へと登って
行きます。一級河川でダムはなく、延長124kmで太平洋に注ぐ。



岩井橋付近 
DSC00108.jpg 
岩井橋から下流を望む。ここは、橋より下流がメインポイント。2回位竿を出しましたが、
盛期でも掛かる鮎は小さめ;;下のトロ場に鵜がたむろしてることが多い;;萎えます
オトリ屋さんがすぐ川そばにあるんで、オトリ缶を忘れても平気な位が長所。
オススメ度:2

DSC00109.jpg
ついでに岩井橋上流。竿を出したことないですが、橋下は深くて危険。
ここのコメントは無しで。


舟生橋付近
DSC00110.jpg
全体的に石は小さめで浅い。ところどころに少し大きい石があります。初期の天然鮎が浅いところで
ギラギラしてるのが見えますが、僕の腕ではなかなか掛からんところ。駐車スペースは広め。河川敷
まで降りれます。河川敷に降りる道は橋の手前に大きめの食堂があるところから。
オススメ度:3(僕には掛かる鮎が少ない;;)


下小川駅近くの昔は木の橋のとこ
DSC00111.jpg
その橋から上流を見る
DSC00112.jpg
昔は木の橋で、大水が出るとよく流されてました。なんで2014年5月現在工事中です。
あんまり釣りをしてる人を見かけません。石はごく小さいのばかりです。
写真でも分かるように、鏡になってるとこが多いのでひたすら立て竿です。
僕はこれに耐え切れなくなり、すぐ場所移動しました;;
オススメ度:1(今工事してるしね。)


西金大橋付近(さいがね)
DSC00113.jpg
橋の真下を見る
DSC00114.jpg
この辺りくらいからだいぶいい石が見かけられる。だだ、川に降りるのがムズイ。
駐車スペースもすくない。初めての方には不向きか!?
オススメ度:3


上小川キャンプ場前
DSC00115.jpg
キャンプ場下流
DSC00118.jpg
写真で見ると狭くみえるかもしれませんが、充分広いです。駐車スペースも広め。
ただ初めての人だと河原まで車でどうやって降りるか悩むかも。
上小川キャンプ場の目印を頼りにススムべし。
夏になると橋より上のキャンプ場前では、子供達が水遊びしてるので
メインは下流域か!?僕は下流域でしか竿を出したことがないですが、
延々ある早瀬を足で釣った時のが釣果が良かったと思います。
オススメ度:5


キャンプ村やなせ前
DSC00119.jpg
DSC00121.jpg
久慈川はキャンプ場が多いのですが、ここもキャンプ場前。写真上流にキャンプ場あり。
下流のがいいです。出水で水位が高い時に竿を出しましたが、右岸側がよかったですね。
山側から沢のような水が流れ込んでて、水がきれいです。
平水の時は問題ないですが、出水の時は川切りは慎重にwww
国道118号線沿いではなく少し離れています。
オススメ度:4


鰐が渕橋付近
橋から上流を望む
DSC00123.jpg
橋の真下
DSC00122.jpg
橋から鰐が渕まで
DSC00124.jpg
ここは、近くに囮屋さん山水さんがあり、オトリ屋さんに車を止めて釣りに行くのがベスト!!
数を狙うなら橋より上だと思いますが、一発大きいのを狙うなら橋下の鰐が渕付近がいいかも。
このあたりから、岩盤が増えてくるので歩くときすべらないようにね。
久慈川でも有名なポイントだと思います。
僕は解禁初期には狙わず、中期以降のポイントとしてます。
オススメ度:8


トコロヤの荒瀬付近
トコロヤの荒瀬
DSC00126.jpg
トコロヤノ荒瀬の上の雰囲気
DSC00127.jpg
トコロヤに行くための駐車場
DSC00129.jpg
ここは久慈川でも一番荒いポイントだと思います。
まず、写真の上のトコロヤ全体図ですが、崖上から撮影しました。
とにかく一本に絞れています。崖上から降りられるようですが、
僕は仮設駐車場に止めて、川の中を探りながら行きます。
それでも、平水時は行きません。川を登って帰るのがしんどいので(ガクブル)
渇水時のみのお楽しみです。とにかく岩盤層なんで滑ると危ないです。
真ん中の写真は仮設駐車場前から撮影したものですが、
至るとこ岩盤が突き出てるのが分かっていただけると思います。
このような場所を約200m下ったところにトコロヤノ荒瀬があります。
この瀬は、できれば右岸から差したいですね。
なので川切りしないといけないので、水に強くない人にはお勧めしません。
マジです。
瀬の下流には、深ぁ~い淵があるんでゾッとします(笑)
この淵が供給源なんでしょうね。
また、写真には無いですが、この淵から始まる瀬肩にもいい鮎が着いてます。
一番下の写真が仮設駐車場の看板ですが、国道118号沿いにあります。
トイレもあります。約20台は車を余裕で止めれますね。
オススメ度:激流好きなら10。一般人3(超渇水時)


下津原橋付近
橋から下流を見る
DSC00130.jpg
橋から上流
DSC00131.jpg
ここは右岸側にすこーしだけ駐車スペースがありますが、あんまり止めれないので
僕はあまり行かないです。
ただ、橋上に写真では見えないのですがいい瀬があるんで車が停めれそうだったら
やってみる価値あり。
オススメ度:4


新昭和橋付近
橋から下流を覗く
DSC00132.jpg
橋から上流
DSC00133.jpg
久慈川でも大・大・大人気のポイントでしょうねwww
駐車スペースもかなり有ります。橋上だったら右岸側を攻めて、
橋下は、瀬から写真が終わるくらいまでをくまなく攻めたい。
写真より下は砂地なんであまり攻めたことないw
オススメ度:8(混んでると5。だいたい混んでる


南田気橋付近
橋上流
DSC00134.jpg

橋下流
DSC00136.jpg
ここは、僕がよくオトリを買う菊池商店というオトリ屋さんの近くです。
初期はほとんど行かないです。混んでるんで::
シーズン中盤くらいから型、数とも楽しめる場所です。
橋のふもと付近から河川に入川可能。そこそこ止めれます。
僕のここでの攻め方は、まず橋下流の緩いとこでオトリを数匹確保し、
ドンドン上流に攻め上がっていきます。浅いとこも釣れるので手前の左岸側も
しっかり攻めておきたい。注意として、橋上の瀬で掛けると、橋桁が低いので
無理矢理でも抜かなきゃいけないです。
オススメ度:8



木橋付近
通称木橋
橋上流は、泳がせ向き。
橋下流は、瀬釣り向き。
駐車場も左岸側に確保されています。いつ行っても誰かがやってる人気ポイント。
去年(2013)は、釣りビジョンの撮影でジャパンカップ覇者の三嶋さんが撮影してました。
オススメ度:7



つぶれた薬局の裏付近
木橋上流500m付近

木橋と元薬局の間から上流を見る
DSC00137.jpg

国道118号線沿いに潰れた薬局が目印。屋根に‘薬局‘と書いてある建物の裏。
木橋から歩いても行けます。木橋とここの間にいい瀬があります。
ここの上も好ポイント。
オススメ度:7



久慈川橋から大子のヤナ場
橋下流
DSC00140.jpg

橋上流
DSC00139.jpg
久慈川で一番有名、釣り銀座と言えばここwww
橋上流にやな場があります。瀬、トロ有り、放流も一番多いという話ですので
鮎は多いです。
久慈川初めてだったら、まずここがよろしいかと。
やな場でオトリ鮎もありますし、駐車場も完備。
オススメ度:9



やな場上の思川との合流地点
思川
DSC00141.jpg
思川と久慈川の合流
DSC00142.jpg
思川では釣りをしたことはないです。合流地点は泳がせむきですね。



消防署前
DSC00143.jpg
河川工事が行われだいぶ平地になったかんじです。
駐車場も半端なく広い。
僕は数を拾うなら上流。型なら下流を攻めます。
オススメ度:8
 

オトリ屋うめ吉付近
うめ吉下の川山橋からうめ吉方面を見た様子。
DSC00164.jpg

うめ吉の看板
DSC00163.jpg
ここは1回しか利用したことがないです。調査不足気味ですが、
オトリ屋さんが食堂もやってます。
砂と岩盤が交互にあり良さげな筋を狙うといい感じに釣れたのを記憶しています。
調査不足のため評価はしません。


嵯峨草橋付近
嵯峨草橋から下流の様子
DSC00148.jpg

嵯峨草橋より上流の様子
DSC00150.jpg
 ここは久慈川でも数が一番出るのでは!?というポイント。
まず橋下流ですが、早瀬から緩いトロ場が続き、そこから急瀬へ。そしてまたトロ場へとかわります。
僕の場合、まず緩いトロ場でオトリを確保したら下の急瀬を攻めるのが定番。
岩盤もありますが、石もいいのが入っており魚の供給場もあるため、少しすれば釣れ続く印象。
橋上流部は、瀬が見えると思いますが、ここは完璧な岩盤!!
岩盤の掘れた溝を的確に探る技術が必要なので僕は敬遠してます;;
橋上を攻めるなら、橋上と瀬の落ち込み付近でまずオトリ確保。
それから、岩盤地帯の瀬は無視して通り越し、その上に小さな滝(1m)位のがあるのですが、
その下の早瀬をくまなく釣るのがいいかもです。
オススメ度:8点



八溝川との合流付近
DSC00151.jpg
写真左が八溝川。右が久慈川です。
とりあえず載せておきます。

八溝川との合流より下流の様子
DSC00152.jpg
写真でも分かると思いますが、岩盤むき出しですwww




下野宮橋と八溝川の合流の間
DSC_045d2
 ここはすご~く分かりづらいですが、河原の近くにオトリ屋さんがあり、1度知ってしまえば
かなりオススメの場所。囮屋さんの名前を忘れてしまいました。いつも違う囮屋さんで買って
行くため。
石も大きく瀬、トロ早瀬何でもアリ。ここはほんとオススメしたいポイントです
オススメ度:9


下野宮橋下流の様子
DSC00156.jpg
ここの右岸側にオトリ屋さんが2件あります。
橋上流はザラ瀬が延々続き、僕は差したことがないです;;
メインは橋下流の瀬!
オススメ度7


なかのせき橋付近
まず下流の様子
DSC00160.jpg

上流の様子
DSC00159.jpg
橋のふもとに囮屋さんアリ。
僕は差したことがないので、コメ無しで。


福島県と茨城県の境
DSC00162.jpg
久慈川の漁業権は、茨城県と福島県で分かれています。
茨城県内で日釣り券を購入したら福島県内の久慈川で鮎釣りはできません。
僕も茨城県内の久慈川でしか釣りをしたことがないので、
久慈川のご説明はここまでです。


日帰り温泉情報
DSC00168.jpg
大子観光やな近くの国道沿いにあります。
駐車場も広いですし、車で休んでいられる方もいます。

料金表と営業日はこんなです。
DSC00169.jpg




久慈川支流 里川

久慈川の支流となる里川の案内です。
漁協の管理は、久慈川漁協の管轄です。オトリ屋さんはこの近くにはありません。
解禁日は、7/1からとなります。友釣り、コロガシの区分はありません。
投網は8月1日〜となりますので、友釣りの僕は、7月だけの楽しみとしてます。
オトリ鮎は、コロガシで確保するか、久慈川本流で買って来るかですね。
ポイントとしては、中里発電所より下流部分が友釣りポイントです。
上流でも釣れると思うんですが、川が狭く、木が邪魔で釣りになりません。

河内幼稚園・町屋町郵便局付近

高架道路(小学校前)の下に駐車スペースあり。
DSC003091.jpg

小学校より下流域(歩いて10分)
hatudennsho.jpg
本流が増水でダメでも、ここは出来ることが多いです。
7月中ならオススメします。石も大きく鮎も大きいのが結構います。


実際の本流が増水1.5mの出水の時の里川町屋付近の様子。
DSC0028411.jpg







まだまだ不十分ですが、ある程度駆け足で書きました。

ここからいろいろ補充して、久慈川を充実した魅力を

もっと書いていけたらと思います。
コメント
非公開コメント

トコロヤの危険度について

今週末に久慈川(始めて)に釣行予定の千葉県在住のオヤジです。
多くのポイント紹介があり、とても参考になりました。

渓相が良く、駐車場も広く、混雑度も低そうなトコロヤ旧キャンプ場前に行こうかと
思案していますが、紹介では「久慈川一の激流」とあり、還暦過ぎの爺には危険でしょうか?

でも案内文からは、キャンプ場前から200m程下流が「激流」とも読めます。

そこまで下らず、キャンプ場前から上流ならこんなワタクシでも安全に楽しめるでしょうか?

判る範囲で教えていただければうれしいです。

ではよろしく。

2017-07-25 19:30 │ from こんちゃんURL

No title

こんにちわ。

わかる範囲でお話します。

トコロヤの旧キャンプ場前は、還暦過ぎた方でも問題ないと思います。

また、旧キャンプ場から上流部分も充分還暦を過ぎた方でも釣りになると思います。

ただ、岩盤層のところが多いので足下には気をつけて下さい。

旧キャンプ場より下に絞れる瀬があるのですが、そこの手前まででしたら充分楽しめます。

絞れる瀬は左岸からは木や草が邪魔で差しづらいので、僕は右岸に渡るのですが、瀬のすぐ

上は深く掘れているとこもあり、川切りは絶対にしない方がいいと思います。

もし渡るのなら旧キャンプ場前か公設駐車場前あたりがいいかと思います。

まぁ、敢えてそんな瀬を攻めなくても釣り場は広いので安全な旧キャンプ場より

上で楽しんで頂きたいです。

ご返信遅くなりましてすいません。

是非、楽しい週末をお過ごし下さい。

2017-07-28 05:06 │ from いさみURL

トラックバック

http://isamux136.blog95.fc2.com/tb.php/30-86795727